最先端の夫婦の形。オープンマリッジな我が家のいきさつ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加





理想の家族は自分で創る。

ファミリーデザイン※の
婚活コンサルタントちあきです(^o^)/


※ファミリー=家族、デザイン=創造する


ヤバいです。
今日は頑張って、いっぱい自己開示です。

今、八木さやちゃんの自分ビジネスオンライン講座受けてて、

 

参加者8000名様突破!
ハート自分ビジネスオンライン3ヶ月講座ハート
お申し込み&セミナー詳細は以下↓↓
※SoftBank、Yahoo!メール以外でお申し込みください。
※申込み後すぐに過去配信分も見れます!

 

動画講座なのですが、動画見てると、


自己開示、自己開示、自己開示!!!

って、せっつかれてるので
(私のように行動できない人をせっついてくれるありがたい講座)

いつやるの?今でしょ!!!ばりに、
頑張って書きます。

 

 

※なぜ自己開示が大事か。

今までは見せかけや嘘でビジネスができていたけど、これからのビジネスは本物を見抜かれる。それは信用できるかどうかが基準。

信用を得るためには、自分のありのままを自己開示するのが一番の近道であり避けて通れない道。

 

 


今日お話する内容、

もはや我が家では普通の状態なのですが、
それに慣れてしまって、
世間では少数派ということも、わかんなくなってるくらいです。

暗い話ではありません。
とても平和的にやってます。

 

何のことかというと、、、、

 

ちょいちょい、さらっと書いていた私んとこの夫婦関係。

 

仮面夫婦とか、オープンマリッジとか、、、
まさかうちがそんなだと、知らない人の方が多いと思いますが(*ノωノ)

仮面夫婦になった時の記事


過去のFacebookの投稿などで
「あとでゆっくり書く」と言ってたものの、
ブログ無精でちゃんと書いていませんでした。

もう9か月も経ってしまいました、、、。

 


婚活サポートの活動してるのに、
こんなこと独身者の人たちにさらすのも夢壊すよね、、、
って思って書けなかったのもありますが、、、

 

今は婚活サポートしてますが、
屋号の「ファミリーデザイン」のコンセプトは

<理想の家族を自分で創る>、なので

 

結婚後にいろいろあっても、
いつでも自分の理想の形の家族を創っていける

という想いもあり、

 

自分がまずそう在りたいという想いもあり、

みなさんにありのままの姿をお見せすることが誠意と感じ、

 

婚活や家族づくりのサポートを全面で行えるようになるのが私の夢なので、
(パートナーシップカウンセリングとか)

やっとそれについて書こうって思えるようになり、
パソコンに向かっています。


2018年12月にオープンマリッジ※になって
たくさんの出会いをして来ました(70人くらいかな?)


※オープンマリッジとは、婚外恋愛を承認しあっている夫婦のことを言うそうです。

オープンマリッジ(ウィキペディア)

 

うちはいろいろケンカが絶えなくなって


去年2018年11月にとうとう大きなケンカになって、
「もう離婚するか」ってなりました。

 

でも、金銭的余裕もあれば引っ越しできたのですが、
うちは長らく不妊治療しておりお金が底をついていたし
身軽に手早く別居することもできず、
実家はごみ屋敷で母親との関係も悪くはないけど窮屈なところもあり、、、

 

一番思いとどまらせたのは、
保育園どうするか問題でした。

 

どっちが引き取る、どっちの家から通う、
今の家じゃなかったら保育園変わることになる、
そうなったらこんな年度途中で空いてるところないよな、、、
書類めんどいな、、、、、、

 

ほんとにめんどくさくて、
そうこう話してる間にケンカも落ち着き、

 

「お互いにもうほかの人、見つけてもいいよね」
って話が出たころには、

 

言いたいことも全部言って、
お互いにいろいろ要求することも
関係性としてなくなったので

 

今の生活を続けながら、
別のパートナーを見つけてもOKな関係性になったのでした。

 

普通の夫婦だと、
離婚するか、
嫌なところがあっても、うやむやに、結婚生活を続け、


ほかに恋人見つけたくても、我慢するか
こっそり恋人見つけて結婚生活を続けていくことが
ほとんどだと思いますが、

 

私は性格上、うやむやにするのが嫌だし、
コソコソ恋愛するのも嫌だし、

 

それ以上に、以前より、私たち夫婦は、
結婚してもモテたい、とか、恋愛したい、とか思っていたし、
(実際本当に行動にするかは別として)

 

それと同時に、自分や相手の自由を尊重していて、

 

結婚したから、相手の恋愛を制限する、とか
そういうことはしたくないと思っていたのです。

 

 

とは言え、実際そういう場面に出くわしたら、
冷静にいられるのか、やっぱり嫌だと思うのか
それは未知なる世界だったのですが、

 

お互いにもういいや、ってなったので
お互いの恋愛にあれこれいう気持ちも自然になくなったのです。

 


このあたり、理解できないカップルやご夫婦も多いかと思います。

 

でも、お付き合いしていて、マンネリというか、
もうこの人と一緒にいてもな~いたくないな~って時期、


誰しもあると思うのです。経験がある人の方が多いと思うのです。

 

恋人同士なら簡単にお別れできても、
結婚して子供がいると、子供の環境を変えてしまうことや


気持ちを考えると、ふんぎりつかないでそのまま暮らしているご夫婦も多いと思います。

 


もちろん、すっぱり離婚、別居されるご夫婦もいますし
私たち夫婦の場合は、ケンカはしたものの、
お互いに要求しあわない関係になれば、

 

人間的に顔も見たくないほどではないので、
めんどくさい保育園の書類や引っ越しのことを考えたら、

 

このままの生活でもいいか、と天秤にかけただけのことです。

 


恋人同士の時の、気持ちの離れる感じが、
結婚した夫婦にも訪れることは珍しいことではないと
結婚してる人なら理解できる人が多いと思います。

 

むしろ、気持ちのないまま夫婦を続けていく意味、
考えたことありますか?

 

私は、ほかに恋愛もできず、一生を終えるのは嫌でした。

 

そもそも、大喧嘩した11月の翌月12月は、私の誕生月で、
誕生日になんにもなし!!になるのが耐えられず!!!!

 

食事くらい一緒に行ってくれる人が見つかったらいいな、が
始まりで婚外恋愛にチャレンジし始めました。

 

最初は既婚のまま異性と出会うって慣れてなくて、
夢中でというか、あまりよく考えずに出会っていったのだけど

 

独身の人もいたし、既婚の人もいました。

 

それで驚いたのは、

 

まあたくさんの男性が日本では涼しい顔で
悪びれもなく不倫しまくってることに
最初びっくりしました。


芸能人の不倫では、あんなに極悪とされ、
社会復帰もままならない非道な行為とされていたのに、

 

一般人男性は、
食事に行ったその日のうちに、関係を求めてくる人ばかりで、
(最初に使ったアプリが悪かった)


え!!!草食男子の日本じゃなかったの!?

こんなに肉食男子がまだまだいるなら、日本もまだまだ大丈夫やん!

と思ったほどでした(笑)

 

特に私は婚活サポートをしてるので、
それ以前に出会う男性は奥手な人ばかりだったので
驚きはすごかったです。

(後から知ったら女性も不倫しまくりのようですね☆)

 


でね、でね、
細かい面白話は、いーーーーーーぱいあるのですが、

 

ほんとに今回の経験で、たくさんのことを身をもって教わったし、
(肉食男子いるやん、日本は不倫大国!!とか)

もっとこうだったらいいのになって思うこともいっぱい出てきました。

 


うちのオープンマリッジについても、
これから日本で主流になるんじゃないかなって思う。

 


っていうか、その方が精神的に健康だし、楽。

もちろん、従来通り、夫婦仲睦まじく、っていうのは、
とってもステキ。そこを否定するつもりはもちろんないし、

 

いろいろあって9か月、結局目指したいのはそこだって思ったし。

 


私が言いたいのは、
コソコソ隠れて恋愛するのって不健康だし不潔って思うし、

 

一妻多夫も、一夫多妻も、認められてたらいいのにって思った。


もちろん、それが大丈夫って言う相手としなきゃ
トラブルのもとだけどね。

 

コソコソ不倫して、いつバレて訴えられるかびくびく恋愛するより
よっぽど健康的。

 

コソコソしたい癖の人は、コソコソとスリリングにしてたらいいけどさ。

 

 

 

今回の経験で、社会問題をたくさん知ったね。

不倫してる人の夫婦関係は100%レスだったし、

こっそり不倫されてるけど、知らない奥さんがその向こうにいるわけで。

全く気付いてないならまだしも、

感づいててノイローゼ気味になってたら可哀そうだし、

そっち側の立場に立って、旦那が不倫してないか調べる方法だってわかったし、

(世の中の不倫男性ご注意ください☆)

レスならまだしも、奥さんから虐げられてる旦那さんもいたし、、、、

なんか、私もできることあるかなって思ったよ。


これについては、また細かく話まーーーす。

 

 


ちなみに、私は出会ったほとんどの男性(女の子とも出会った)に、
うちの家がオープンマリッジだって伝えました。

 

もちろんオープンマリッジって知ってる?→知らない、

オープンマリッジってのはね、ってところからで。

 

びっくりしてたし信じられなさそうだったけど、
不倫男たちは、公認の婚外恋愛がみんなうらやましそうだった。
怖がられたりもした。

 

 

あと良かったことは、
おしゃれが楽しめたことと、
ちやほやされて嬉しかったことと、
大人の女性を目指してイメチェンできたこと♪

 

 

また書きます☆

 

 

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
前の記事

収入増加の先に見えてくる理想のパートナー像…!!

次の記事

ライオンズゲートな日。情報の大切さと子供が不登校になったら?私の考えをシェアしますね~